株式会社 郷葉

会長メッセージ

 弊社は1980年の創業以来、建築金物業と通信基地局建設、この2つの柱を軸に活動をしてまいりました。

 当初は北海道が中心でしたが、7年前より東北の仙台に支店と工場を建設し、2事業所3工場によって東北、北海道をカバーしております。2016年より首都圏の工事も受注いたしました。

 

 弊社の大きな特徴は製造業として総合的な企業であると同時に、『個人力』の存在を重視しております。

 工場の作業も設計(構造設計・施工図)もほとんどが『独り仕事』。そこが他社との違いでもあり、強みでもあります。又、このことにより自社独自の商品を産み出してまいりました。

 特に通信基地局のLCHケーシング基礎管、フラットベースは従来の施工法を大きく変えました。

 加工に焦点を当てたLSS加工の開発等々、現在も開発チームによる新商品の発表が続いております。

 

 今年度は新型コロナの影響がどこまで日本経済を破壊するのでしょうか? 全く想定できません。

 しかし人類は長い年月に亘って数々の困難に直面し、その都度叡智をもって乗り越えてまいりました。

 これは創業以来我社に受け継がれ、流れている大きな底力と同質のものと感じております。

 

 ファンダーとしての理念は『机上の経営』ではなく『現場を見据えた経営』を貫いていくことであります。

 新しい時代は間違いなく難しい時代になるでしょう。しかし全力で守り抜く所存でございます。

 

代表取締役 大前 修一

会社概要
会社名 株式会社 郷葉(キョウヨウ)
本社・工場 〒003-0838 北海道札幌市白石区北郷8条10丁目2番22号
TEL:(代表)011-872-5221
   (技術開発部直通)011-872-5249
   (設計直通)011-872-8941
   (金属工事部直通)011-876-8996
FAX:011-872-5257
石狩工場 〒061-3243 北海道石狩市新港東二丁目3番15号
TEL:0133-62-3315  FAX:0133-62-3316
東北支店・仙台工場 〒983-0013 宮城県仙台市宮城野区中野5丁目3番7号
TEL:022-290-0341  FAX:022-290-0348
法人設立 昭和56年3月
資本金 56,000千円(決算12月)
建設業許可 建築工事業 国土交通大臣許可(般-28)第24299号
鋼構造物工事業 国土交通大臣許可(般-28)第24299号
とび・土工工事業 国土交通大臣許可(般-28)第24299号
板金工事業 国土交通大臣許可(般-29)第24299号
解体工事業 国土交通大臣許可(般-1)第24299号
一級建築士事務所 北海道知事登録(石)第6329号
軽金属溶接構造物
製造工場認定
R級 認定番号 R08020
営業品目 金属製品(設計・製作・施工)
非鉄金属(設計・施工)
外装パネル(設計・製作・施工)
通信設備用鉄塔 他(設計・製作・施工)
太陽光発電施設装置架台(設計・製作・施工)
工場敷地 〔本社・工場〕敷地 954平方メートル
〔石狩工場〕敷地 4917.61平方メートル
〔東北支店・仙台工場〕敷地 1259.26平方メートル
認定 軽金属溶接構造物製造工場認定
沿革
昭和54年5月 札幌市白石区北郷2389番地100号(現、(有)ミチエイ工業 所在地)にて
現、大前代表が 郷葉鉄工 として創立
昭和56年3月 同地において、株式会社 郷葉鉄工 として法人化設立
鋼構造物工事業として、鉄骨を主に扱う事業を開始
資本金 100万円
役員として〔代表取締役 大前 修一〕〔取締役 浅田 惠史〕就任
昭和62年11月 資本金 400万円に増資
平成2年11月 資本金 1200万円に増資
平成6年7月 資本金 2000万円に増資
建築工事業・機械器具設置工事業の許可取得
金属工事を主たる業態とする
平成6年8月 『株式会社 郷葉』に、商号変更
平成6年9月 宅地造成に関する区画整備に伴い、住所表記が現在の
札幌市白石区北郷8条10丁目1番28号に変更される
平成9年3月 役員として〔代表取締役 大前 修一〕〔取締役 浅田 惠史〕
〔取締役 小野寺 洋(新任)〕就任
平成9年8月 資本金 3600万円に増資
平成9年12月 『アンテナ支持体』の特許を(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道と共同出願
平成10年8月 『無線電話機用通信中継機』の意匠登録出願
平成12年4月 有限会社 郷和(現:(株)郷葉シーエムエス)を、(株)郷葉の製作工場として設立
〔代表取締役 浅田 惠史〕就任
平成12年5月 『無線電話機用通信中継機』の意匠登録確定
平成13年11月 資本金 5600万円に増資
平成14年5月 『アンテナ支持体』の特許を(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道と共同で取得
平成19年1月 (株)キョーヨーエンジニアリングを機械製作工場として設立
平成19年2月 役員として〔代表取締役 大前 修一〕〔取締役 浅田 惠史〕
〔取締役 小野寺 洋〕〔取締役 佐藤 秀一(新任)〕就任
平成20年4月 軽金属溶接構造物製造工場 R級 認定取得
平成20年8月 東北支店 開設
平成22年5月 石狩工場 開設
平成24年9月 太陽光架台事業 開始
平成25年度 太陽光架台事業含め売上高28億円達成
平成26年4月 仙台工場開設
平成26年4月 株式会社郷和と株式会社キョーヨーエンジニアリングを合併し、株式会社郷葉シーエムエスを設立
平成27年1月 役員として〔代表取締役 浅田 惠史〕新任、〔取締役副社長 橋本 笑子〕新任、
〔取締役 佐藤 秀一〕、〔郷葉グループ 代表 大前 修一〕新任
平成28年1月 役員として〔取締役 三好 隆人〕新任
平成28年7月 一級建築士事務所 開設
平成29年1月 (株)郷葉設計を設計会社として設立
平成31年3月 本社新社屋完成
令和元年5月 役員として〔代表取締役会長 大前 修一〕、〔代表取締役社長 橋本 笑子〕、
〔常務取締役 森笠 哲也〕就任
令和元年6月 「フラットベース」の特許出願
令和元年9月 「フラットベース」の意匠登録確定
令和2年2月 「アンテナ搭載用鉄塔部材」の意匠登録出願
令和2年4月 「フラットベース」の商標登録確定
郷葉グループ組織図

平成29年1月から新体制となりました。引き続きご愛顧のほど宜しくお願い致します。

郷葉グループ組織図